1. Home >
  2. 学園マップ >
  3. 老後に備える棟 >
  4. 介護に備える >
  5. 要介護の原因となる病気の解説と予防法 >
  6. 認知症について

要介護の原因となる病気の解説と予防法

認知症について

認知症とは

認知症とは、いったん正常に発達した認知機能が、後天的な脳の障害によって徐々に低下し、日常・社会生活に支障をきたす状態を言います。最近の調査では、「65歳以上の高齢者の有病率は、全体の10%を超える」とも発表されています。

【図】認知症高齢者の日常生活自立度 Ⅱ以上の高齢者数について
認知症高齢者の日常生活自立度 Ⅱ以上の高齢者数について
(出典:厚生労働省 「認知症高齢者数について」 2012年)
  • ※日常生活自立度Ⅱとは、日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意すれば自立できる状態を言います。

認知症の中核症状

認知症の症状は「中核症状」と「BPSD(行動・心理症状)」に分けられます。認知症の種類、個人によって出現する症状は異なりますが、代表的なものは、主に以下の表のような症状になります。

種類 症状
記憶障害 新しい知識や情報を覚えられず、進行すると重要なことや古いことまで忘れてしまう。
【例】朝ごはんのメニューを忘れてしまう、さきほど話したことを忘れて同じ話を繰り返すなど。
見当識障害 時間・場所・人物などの見当がつかなくなり、自分のおかれている状況がわからなくなる。
【例】日付がわからなくなる、迷子になる、周囲の人との関係がわからなくなるなど。
理解・判断力の障害 ものを考えることに障害が起こる。
【例】考えるスピードが遅くなる、些細な変化、いつもと違う出来事で混乱をきたしやすくなる。
実行力障害 計画や段取りが立てられなくなる。
【例】冷蔵庫に食材が残っているにも関わらず、同じ食材を買ってしまう。物事を同時進行できなくなるなど。
失認 視力は正常なのにも関わらず、物を見てもなにかわからなくなる。
【例】鏡に映る自分を他人と間違えて話しかける、音が聞こえてもなんの音かわからないなど。
失行 運動機能は正常なのにも関わらず、日常動作が行なえなくなる。
【例】洋服を着ることができない、箸を使えなくなるなど。
失語 物の名前が出てこない。
【例】ハサミのことを「切るもの」、「あれ」、「それ」が多くなる、ペンのことを「紙」と言うなど。

認知症のBPSD(行動・心理症状)

行動症状 心理症状
・多弁
・多動
・夜間せん妄(※1)
・徘徊
・独り言
・異食(※2)
・うつ状態
・自発性の低下
・睡眠障害
・興奮
・幻覚
・妄想
・不機嫌
  • ※1. 意識がぼんやりして、まとまらない言動や異常行動がみられること。
  • ※2. 食べられないものを口に入れたり、食べてしまうこと。

認知症の種類

認知症にはいくつかの種類があります。代表的なものは、頻度の多い順に「アルツハイマー病」、「アルツハイマー病と脳血管性認知症の混合型」、「レビー小体型認知症」、「脳血管性認知症」などがあります。

認知症の原因と症状の特徴

アルツハイマー病

まだすべては解明されていませんが、「アミロイドベータ」というたんぱく質の沈着によって神経細胞が脱落し、その結果、脳が萎縮するという説が有力です。記憶障害が年単位で進行し、徐々に理解力・判断力に影響がでるようになります。65歳以上で発症する人が多い病気ですが、65歳以下での発症もあり、「若年性アルツハイマー病」と呼ばれています。

若年性アルツハイマー病についての関連コンテンツ

  • 若年性アルツハイマー ~働き盛りを襲った異変~

脳血管性認知症

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)により、脳の血流に障害が起こり、脳細胞が正常に機能しない状態になることから、認知症の症状が表われると考えられています。障害が起こった部位の脳機能だけが失われるため、できること(脳機能が正常な部分)・できないこと(障害が起きている部分)が比較的はっきりしています。そして、認知症の症状は脳の血流の状態に左右されるため、時間帯や日によって症状が大きく変動することがあります。そのため、「まだら認知症」とも呼ばれることがあります。

脳梗塞や脳出血を繰り返すことで、段階的に認知症が悪化することがあります。また、「無症候性脳梗塞(※1)」の場合でも認知症の症状が表われることがあります。

レビー小体型認知症

「レビー小体」というアミノ酸の水溶性たんぱく質の線維化・凝集化したものが、大脳皮質全体に広がっていることが確認されたことから、この物質がこのタイプの認知症の原因ではないかと考えられています。認知症の症状に加え、「パーキンソン症候群(※2)」、幻視を伴う精神症状、認知機能レベルの変動などを伴うことが特徴的です。

  • ※1. 無症候性脳梗塞…脳血管疾患の症状(麻痺や意識障害、言葉の障害など)が表われていなくても、精密検査を行なうと小さな脳梗塞が多数発生している状態のこと。
  • ※2. パーキンソン症候群…振戦(ふるえ)、筋肉の固縮、無動、自律神経症状などからなる症候群のこと。

診断基準

CTやMRI、「脳血流シンチグラフィー(※1)」などの脳画像診断や「HDS-R(※2)」、「MMSE(※3)」などの認知機能検査を組み合わせて総合的に診断します。CTやMRIでは脳の萎縮、脳出血、脳梗塞の有無などを主に調べます。また、血液検査を実施し、認知症と似た症状が出る身体の疾患と区別します。特に、脳血管疾患には基礎疾患として高血圧や糖尿病など生活習慣病が隠れていることが考えられるため、血液検査や尿検査の結果も非常に重要です。

  • ※1. 脳血流シンチグラフィー
    脳の血流の分布状態から脳の働きを調べる検査のこと。CTやMRIではわからない詳細な異常を発見できることもある。(例えば、「後部帯状回」という部分の脳血流低下は、アルツハイマー病の早期に脳の萎縮より先立って見られることがある。また、脳血管性認知症では梗塞部位に一致して血流低下が見られる。レビー小体型認知症では、後頭葉の血流低下が見られることがあり、他の種類の認知症との鑑別に役立つ。)
  • ※2. HDS-R
    「長谷川式簡易認知スケール」と呼ばれる、認知機能検査のこと。見当識、記銘・再生、計算、言語の流ちょう性を調べる。30点満点中、20点以下だと認知症が疑われる。
  • ※3. MMSE
    「ミニメンタルステート検査」と呼ばれる、認知機能検査のこと。
    長谷川式とほぼ同様の簡易テスト。

治療について

認知症の種類によって異なってきます。現在の医療では、認知症を完治させることは難しいと考えられています。しかし、認知症を早期に発見し、薬の内服や非薬物療法(音楽療法など)を始めることで、進行を遅らせることができるとわかっています。よって、専門医のもとで適切な診断を受け、自分に合った治療を早期から受けることが重要です。

脳血管性認知症の場合、脳血管疾患の治療として、脳の血流を改善させる薬や脳梗塞の場合だと血液が固まりにくくなるような薬を内服します。また、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの合併があれば、それら生活習慣病の治療を行ないます。

認知症の薬に関しては、研究が進み、作用が異なるものがいくつか開発されています。また、薬の種類では、唾液や少量の水に溶けやすい錠剤、飲みやすさに工夫された液体状のものや、皮膚に直接貼る貼付薬があります。その他、BPSD(行動・心理症状)が強い場合は、一時的に症状に合わせた薬が処方されることもあります。漢方薬が効果的な場合もあります。

予防のポイント

具体的な予防策はまだ確立していないのが現状です。しかし、アルツハイマー病は脳の老化との関連が指摘されており、次のような健康的な生活習慣の維持が大切とされています。

一方で、脳血管性認知症は他の種類の認知症と比べると予防法がはっきりしています。脳血管疾患が原因ですので、これを引き起こす生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症など)の予防が重要です。

生活習慣病についての関連コンテンツ

  • 生活習慣病と5疾病について

ボタンを押して本サイトをお勧めしてください。

老後に備える棟
  • 老後に備える棟ガイダンス
  • 資金の備えについて
  • 介護に備える
あんしんセエメエ