1. Home >
  2. 学園マップ >
  3. 図書館 >
  4. 生活習慣病について調べる >
  5. 高尿酸血症

生活習慣病について調べる

高尿酸血症

高尿酸血症とは

尿酸は、全ての人の体内で作られる物質で、身体の新陳代謝の中で最終的に出る老廃物の一種です。また、食品の中のプリン体からも作られます。
高尿酸血症とは、血液中の尿酸の濃度が高い状態をいいます。

なぜそうなるのか

尿酸は80~90%が体内で作られ、残りの10~20%は食品由来のプリン体から作られると言われています。尿酸は主に尿として身体の外に排出されますが、排出する尿酸よりも、作られる尿酸が多くなると尿酸値が高くなります。

≪尿酸値が高くなる仕組み≫
○尿酸が体内で多く作られる
  • 内臓脂肪が増えると尿酸が多く作られます。
  • 激しい運動(無酸素運動)をすると尿酸が多く作られます。
  • プリン体を多く含む食品やアルコールをたくさん摂ると、それだけ尿酸が多く作られます。
○尿酸が体外に出にくい
  • アルコールは尿酸を排泄しにくくします。
  • 皮下脂肪がたまると尿酸の排泄を抑制すると言われています。
  • 体質や遺伝なども影響します。

診断基準

血液検査の結果、尿酸値が7.0mg/dlを超えると「高尿酸血症」とされます。
血液の中の尿酸が結晶化し始める濃度は7.0mg/dlといわれています。

放置するとどうなるか

○痛風
放置するとどうなるか 尿酸が結晶化し、その結晶を白血球が攻撃することで激痛が生じます。多くは足の親指の付け根に起こります。
○その他の主な合併症
腎障害 心筋梗塞・脳血管障害 尿路結石 など

治療について

尿酸値が高くても、自覚症状はなかなか現れてきません。健診などで尿酸値が高いと指摘されたら医療機関を受診し、医師の指示に従いましょう。
生活習慣を見直しても尿酸値が改善しない場合や、痛風の症状がある場合などは薬物療法が行われる場合があります。

生活習慣改善のポイント

高尿酸血症を予防、または改善するためには、以下のような生活習慣を心がける ことが大切です。

  • 肥満を解消して適正体重にする
  • 栄養バランスのよい食事を摂る
  • プリン体を多く含む食品(動物の内臓など)を控える
  • 水分を多くとって尿量を保つ(2000ml/日が目安)
  • 牛、豚、鶏などの脂肪を減らす
  • お酒は適量にとどめる。一日に日本酒なら一合、ビールなら500ml
  • 適度な運動をする
図書館
  • 調査結果について調べる
  • 生活習慣病について調べる
  • 5疾病について調べる
  • 公的介護保険について調べる
  • 介護用語について調べる
あんしんセエメエ