1. Home >
  2. 学園マップ >
  3. 図書館 >
  4. 生活習慣病について調べる >
  5. 糖尿病

生活習慣病について調べる

糖尿病

糖尿病とは

血液中のブドウ糖の値、つまり血糖値が高い状態が続く病気を「糖尿病」と言います。
「糖尿病」には二つのタイプがあります。

○1型糖尿病:インスリンの分泌が絶対的に不足している、もしくは分泌されないタイプ。
発症は若年者に多く、2型と比べて少数です。

○2型糖尿病:インスリンの分泌や作用が不足しているタイプ。
糖尿病の9割以上がこのタイプといわれています。
生活習慣や遺伝的な影響を受けることが多くあります。

なぜそうなるのか

「インスリン」は血糖値を下げるホルモンです。すい臓にある細胞から分泌されます。
身体を動かすエネルギーの源であるブドウ糖は、食べ物や飲み物を消化して作られ、血液の流れに乗って全身の細胞に運ばれます。そのブドウ糖を細胞に取り入れる働きをするのが「インスリン」です。そのため、「インスリン」が出にくくなったり、作用しにくくなったりすると血糖値が高くなります。

なぜそうなるのか

診断基準

下記の検査値などから判断されます。

○血糖値
126mg/dl以上(空腹時)
200mg/dl以上(随時、または経口ブドウ糖負荷試験2時間)
○HbA1c
6.1%以上(JDS値)
6.5%以上(国際標準値)

放置するとどうなるか

血糖値が高い状態が続くと血管や神経に異常をきたし、さまざまな合併症を引き起こします。

≪糖尿病の主な合併症≫
○三大合併症
  • 網膜症:成人の中途失明原因の第一位です。
  • 腎症:人工透析の導入理由の第一位です。
  • 神経障害:手足がしびれ、感覚が鈍くなります。
○その他
  • 大血管障害(動脈硬化):
    脳に起こると→脳梗塞などの原因となります。
    心臓に起こると→狭心症、心筋梗塞の原因となります。
  • 手足の潰瘍、壊疽:手足、指などの切断に至ることも少なくありません。

治療について

血糖値が高いと、喉が渇いて大量に水分を摂りたくなります。また尿量も増加します。しかし、始めのうちはこれらの自覚症状はほとんど見られません。
そのため、健診などで血糖やHbA1cの数値が高いと指摘されたら医療機関を受診し医師の指示に従いましょう。

生活習慣改善のポイント

糖尿病を予防、または改善するためには、以下のような生活習慣を心がける ことが大切です。

  • 肥満を解消して適正体重にする
  • 栄養バランスのよい食事を摂る
  • 適度な運動をする
  • 禁煙する
図書館
  • 調査結果について調べる
  • 生活習慣病について調べる
  • 5疾病について調べる
  • 公的介護保険について調べる
  • 介護用語について調べる
あんしんセエメエ