1. Home >
  2. 学園マップ >
  3. 図書館 >
  4. コラム集 >
  5. 傷病手当金

コラム集

傷病手当金

『傷病手当金』とは、健康保険の被保険者が病気やケガによる欠勤のため、事業主から十分な賃金を受け取れなくなったときに、休業中の生活保障として賃金(標準報酬日額)の一部金額を健康保険から支給される制度です。

<支給される金額>
事業主からの賃金を受け取れない場合:一日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する額。
事業主からの賃金を受け取れる場合 :一日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する額から、事業主から受け取る賃金の日額を控除した額。
事業主から受け取る賃金の日額が、標準報酬日額の3分の2を上回る場合は、傷病手当金は支給されません。

なお、標準報酬日額の計算に当たっては、年3回以下の賞与は含まれませんので注意しましょう。

<支給される期間>
休業期間のうち、最初の3日を除き、4日目から支給されます。
同じ病気やケガによる支給期間は、支給を開始した日から数えて最長1年半とされています。
図書館
  • 調査結果について調べる
  • 生活習慣病について調べる
  • 5疾病について調べる
  • 公的介護保険について調べる
  • 介護用語について調べる
  • コラム集
あんしんセエメエ