1. Home >
  2. 学園マップ >
  3. 保健室 >
  4. 健康診断結果の見方 >
  5. 健康診断結果表からみる

健康診断結果の見方

健康診断結果表の検査項目から解説します

健康診断結果表
肝臓 GOTGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)とは、トランスアミナーゼというアミノ酸の合成に必要な酵素のことで、肝臓のほかに心臓・骨格筋にも含まれています。
GPTGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)とは、トランスアミナーゼというアミノ酸の合成に必要な酵素のことで、肝臓に最も多く存在します。
γ-GTPγ-GTPとは、たんぱく質を分解する酵素のことで、肝臓や腎臓、血液中などに含まれています。アルコール摂取量と相関性が高いことが知られています。
腎臓 尿酸尿酸とは、プリン体を代謝した結果生じる老廃物(燃えカス)のことです。
クレアチニンクレアチニンとは、筋肉に含まれるアミノ酸の一種で、クレアチンが代謝されてできる老廃物のことです。
尿 尿たんぱく尿たんぱくとは、尿中に漏れ出したたんぱく質(アルブミン)のことです。
尿潜血尿潜血とは、尿中に血液(赤血球)が混じっている状態のことです。
尿糖尿糖とは、尿中に漏れ出した糖(ブドウ糖)のことです。
血圧 最高血圧最高血圧とは、心臓が収縮して全身に血液を送り出したときに、血管にかかる圧力のことです。
最低血圧最低血圧とは、心臓が拡張して心臓内に戻ってきた血液をため込んでいるときに、血管にかかる圧力のことです。
血液 赤血球数赤血球とは、全身に酸素を運び、各組織で生成される二酸化炭素を回収する血液細胞のことです。
血色素量血色素量とは、血色素(赤血球に含まれている、鉄とたんぱく質が結合した成分)の量のことです。血色素が減少した状態を「貧血」と言います。
赤血球容量赤血球容量とは、一定量の血液中に含まれる赤血球の割合のことです。
白血球数白血球とは、体に侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵と戦い、感染をくい止める働きを持った血液細胞のことです。
空腹時血糖空腹時血糖とは、前の食事から8時間以上間をあけた、空腹時に測定した血糖値のことです。
HbA1cHbA1c(ヘモグロビンA1c)とは、赤血球中の血色素(ヘモグロビン)と血液中の糖が結合したもののことです。過去1~2ヵ月の血糖値の状態がわかります。
腹囲・脂質 BMIBMI(ボティ・マス・インデックス)とは、体重と身長の関係から算出される、肥満度を表す体格指数のことです。
腹囲腹囲とは、「おへその位置でのお腹のまわりのサイズ」を測った数値のことです。
中性脂肪中性脂肪とは、血液に含まれる脂肪のことです。エネルギーとして利用され、余分なものは脂肪細胞や肝臓に蓄えられます。
HDLコレステロールHDLコレステロールとは、血管の壁についている余分な脂質を取り去ってくれるコレステロールのことです。善玉コレステロールとも言われます。
LDLコレステロールLDLコレステロールとは、肝臓で作られたコレステロールを体の隅々に運ぶコレステロールのことです。増えすぎると血管を詰まらせたり、血管壁に入り込んで動脈硬化を促進させてしまうため、悪玉コレステロールとも言われます。

正しく理解できていますか? 健康診断結果の判定について詳しくはこちら

ボタンを押して本サイトをお勧めしてください。

保健室
  • 健康診断結果の見方
  • 医療機関のかかり方
あんしんセエメエ